• ホーム>
  • 関節リウマチについて | 関節リウマチという病気について

関節リウマチについて

関節リウマチという病気について

はじめに

関節リウマチはからだのあちこちの関節に炎症が起こり、関節が腫(は)れて痛む病気です。進行すると関節の変形や機能障害(使えなくなること)が起 こります。人口の0.4~0.5%、30歳以上の人口の1%にあたる人がこの病気にかかるといわれています。どの年齢の人にも起こりますが、30歳代から 50歳代で発病する人が多く、また男性より女性に多く認められます(約3倍)。 15歳以下で発病するものに若年性関節リウマチがありますが、これは成人の関節リウマチとは症状も検査所見も異なるものです。関節リウマチの発症原因が完 全にわかっているわけではありませんが、患者さんの免疫系(細菌などから体を防御するシステム)に異常があることはよく知られています。このため遺伝子の 何らかの異常か、感染した微生物(ウイルスや細菌)の影響か、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと考えられています。この免疫系が 異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増加し血管内から関節滑膜(かつまく)組織にリンパ球、マクロファージなどの白血球がでてきます。このリンパ 球やマクロファージが産生するサイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応がひきおこされ、関節の内面を覆ってい る滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れを起こし、関節液が増加し、軟骨・骨の破壊が進んでいきます。

症状

手指(指の付け根=中手指節関節、指先から二番目=近位指節関節)、足趾、手首の関節の痛みと腫れが数週間から数か月の間に徐々に起こります。触れ ると熱感があることもあります。肘や膝などの大きな関節にも痛みと腫れがみられることもあります。関節の痛みは少数の関節から始まりますが、放置すると多 くの関節に症状が出現します。関節の腫れには複数の原因があり、関節液が貯まっていることや、滑膜が増えるためで起こることもあります。また変形が進む と、それが腫れのようにみえることもあります。 関節を動かし始めるときにこわばって、なんとなく動かしにくく、使っているうちにだんだん楽に動かせるようになります。朝、起きたときに最も強く感じるの で「朝のこわばり」とよばれます。昼寝をしたり、長い時間椅子に坐っているなど関節を動かさないでおいた後にもこわばりはみられます。関節リウマチでは朝 のこわばりの時間が長いほど病気が活動的であると言われてきました。 関節痛は、よくなったり、悪くなったりをくり返しながら慢性の経過をたどりますが、なかには、数か月で完全に治ってしまう人もいます。 症状は天候に左右されることが多く、暖く晴れた天気が続くときは軽く、天気が崩れ出す前や雨の日、寒い日には痛みが強くなります。夏でもエアコン冷房の風 が直接関節部にあたることなどで関節痛が強くなります。 病気が進行すると、関節の骨や軟骨が破壊されて関節の変形が起こり、関節を動かせる範囲が狭くなります。手指が小指側に曲がる尺側偏位、足の親指が外側に 曲がる外反母趾、膝や肘が十分に伸ばせなくなる屈曲拘縮などがみられます。頭を支えている頸(くび)の関節が侵されてずれやすくなる(環軸関節亜脱臼)と 後頭部が痛んだり、手の力が入りにくくなったりしびれたりします。全身症状として、疲れやすさ、脱力感、体重減少、食欲低下がみられます。 肘の外側、後頭部、腰骨の上など圧迫が加わりやすい部位の皮下にしこりを生じることがあります。皮下結節とよばれています。胸部エックス線写真をとると胸 水がたまったり、肺の下部に肺線維症と呼ばれる影がみられることがあります。涙や唾液が出にくくなるシェーグレン症候群がみられることもあります。 心臓、肺、消化管、皮膚などに血管炎が起こり、発熱や心筋梗塞、肺臓炎、腸梗塞などの症状をひきおこす悪性関節リウマチは、厚生省の特定疾患の一つに指定 されています。治療費の自己負担分が公費で補助されます。

診断

関節リウマチの症状は、さまざまでとくに発病初期には個人差が大きく、また関節リウマチ以外にも関節の痛みを伴う病気は沢山あります。 そこで、関節リウマチの診断には、アメリカリウマチ協会(ARA)(現 アメリカリウマチ学会(ACR))がつくった診断基準が使われています。 この診断基準は、 (1)1時間以上続く朝のこわばり
 (2)3個所以上の関節の腫れ(3)手の関節(手関節、中手指節関節、近位指節関節)の腫れ (4)対称性の関節の腫れ (5)手のエックス線写真の異常所見 (6)皮下結節 (7)血液検査でリウマチ反応が陽性
の7項目からできています。 
 
このうち4項目以上満たせば関節リウマチと診断します。 
ただし、(1)から(4)までは6週間以上持続することが必要です。これ以外に早期リウマチ診断があります。 4)検査 関節リウマチの診断をするときに役立つ検査に、血清のリウマチ反応、血沈、CRP、手のエックス線写真があります。リウマチ反応(リウマトイド因 子:RF)は、関節リウマチの患者の80~90%で陽性となります。リウマチ患者でも陽性とならない人もあり、また、関節リウマチ以外の病気の人や健康な 人でも陽性となることもあります。リウマチ反応陽性でもすぐ関節リウマチというわけではありません。関節リウマチ早期では陰性のことがありますが、抗 CCP抗体はRFよりも早期から陽性になるとされており、診断のつかない早期例にはCCP抗体が検査の適応になります。リウマチの診断や関節リウマチの進 行の検査として、関節のエックス線(レントゲン)写真を定期的に撮影します。しかし最近はエックス線写真ではわからない組織の変化をMRIや超音波検査な どで検出できるようになりました。早期に骨以外の変化を観察できることが治療上重要であると言われています。 血沈やCRPはリウマチの炎症の程度を知る指標として、 MMP-3は軟骨破壊の指標となります。病勢が強いときには貧血がみられますが、治療によってリウマチが抑えられてくると貧血もよくなってきます。リウマ チは薬物療法を長期にわたって行うので、くすりの副作用に気をつけるための検査が必要です。尿検査(たんぱくや赤血球)、血液(貧血、白血球や血小板の減 少)、血液生化学(肝機能、腎機能)、胸部エックス線写真を定期的に検査します。 関節リウマチの原因は不明なので、リウマチの原因をとりのぞく根治療法は今のところ期待できません。しかし、メトトレキサートなどの抗リウマチ薬や生物学 的製剤を積極的に使うことによって患者さんのQOLを維持し、寛解を導くことが治療の目標となってきました。 リウマチの治療の目標は、
リウマチの治療の目標は、
(1)症状の緩和
(2)関節の破棄や変形のを予防
(3)破壊された関節の働きを再建する 
(4)身体機能の保持
(5)QOLの維持
(6)寛解を導く